相変わらず問題になっている深刻な医師不足と看護師不足
2014年の調査では看護師は40000人は足りないそうです。
看護師
そして実は看護師准看護師の資格を持ちながら現在看護師として働いていない人はなんと500,000人もおられるのです!
そのままの数を維持するだけでも、少子高齢化は進み人口のピラミッドの形は変わっていきますから、不足度も進んで行きます。

看護師がたいへんなのは、医師がしていたことまでするようになってきたこと。
以前はここから先は医師がやることなので看護師はノータッチという区切りがはっきりしていましたが、実際それでは現場が立ち行かない場合も多々あり、看護師の職務内容が幅広くなりすぎています。
それなのに結婚と出産を経た看護師さんが復帰してそういう忙しすぎるしごとを丸投げされたら、できないに決まっています。
休暇もとりにくいし、定時に帰宅するのも気を遣います。
救急病院だとさらに顕著です。どんどんと急患が入ってくる状態で、さわやかに帰宅の途につくわけにもいきません。
そして帰ったら家事に育児。
目まぐるしすぎて感覚としては地獄のような日々といえるのではないでしょうか。
当然ながらやっと復帰してもやめてしまう看護師さんが多い。離職率は高いです。

復帰を決意したなら、自力で働く場所を決めずに、看護師転職サービスに登録して、条件交渉や給料の交渉をプロのちからを借りて進めて行くことは絶対に必要です。

求人雑誌などを見て良さそうな病院を見つけて自分で応募すれば、給料や条件はそこに書いてあるとおりにしかなりませんが、看護師転職サービスを使えば、給料はアップできる可能性が高いですし、近くでもっともっといい条件の病院を見つけてもらうことも可能です。
あなたは医療のプロですが、転職のプロではありません。
転職は転職のプロに任せる。
そういうことです。
しかも無料(10万円もらえることも!!)なのだから、使わない理由がどこにもありません。


ナースではたらこリクルートナースフルをチェックしてみてください。